手仕事と猫のいる暮らし

布小物づくりとおうち猫と日々のコト。

子猫のBUNとCRE異常値からの復活

うちの猫(ミント)が生後11ヶ月の時です。

2日間嘔吐を繰り返し、3日目には水もご飯も

全く食べなくなったので病院に連れて行きました。

初めは先生も「何か誤飲したかな?」とか

「何か毒物を口にしたかな?」って言ってたん

ですけど、その後の血液検査であり得ない数値が

出たんです。

BUN(尿素窒素)>140:正常値17.6~32.8

CRE(クレアチニン10.9:正常値0.8~1.8

先生から出た言葉は「非常にまずいですね」でした。

この数値が高いという事は腎臓が正常に機能して

いないという事で命の危険にも繋がると。

まずは何としても数値を下げないといけないので

3日間入院をして点滴を受けることになりました。

 

3日後、再度血液検査を行いましたが結果は

BUN(尿素窒素)121.1:正常値17.6~32.8

CRE(クレアチニン6.8 :正常値0.8~1.8

少しは下がりましたが正常値までは程遠く・・・

治療を続けますか?それともお家に連れて

帰りますか?と選択を迫られました。

お家に連れて帰るという事は諦めるという事。

そんなことはできない!!と思いました。

今少し数値が下がったんだからまだ希望はある☆

私はそう思ったのでこのまま治療を続ける事に

しました。

でも正直、あまりにも数値が高かったので

ダメかもしれないという思いもありました。

なので次の検査で数値が下がってなかったら

もう家に連れて帰ろう!!そう決めていました。

 

さらに3日間入院して3回目の血液検査の結果を

聞くために病院に向かいました。

祈るような思いで診察室に入ると先生から

「下がりましたよ~!」というお言葉が。

検査結果の紙を見ると・・・

ホントでした!!下がってました!!

f:id:cafemio:20180923105310j:plain

BUN(尿素窒素)17.9 :正常値17.6~32.8

CRE(クレアチニン1.2 :正常値0.8~1.8

もう~びっくりというか信じられないというか。

私同様、先生もすごく驚いてましたね~☆

とりあえずは一安心ですが完全に良くなったか

どうかは今後の様子を見ないと分からないので

また1週間後に血液検査をさせて下さいと言われ

その日はミントと一緒にお家に帰りました。

 

家族みんなで良かったね~って喜んだのも束の間

1週間も経たずにまた具合が悪くなりました。

「やっぱりダメなのかもしれない・・・」

そう思ってまた病院に行き血液検査をしました。

BUN(尿素窒素)22.8 :正常値17.6~32.8

CRE(クレアチニン1.0 :正常値0.8~1.8

数値は正常?! どうゆ~こと?!

先生のお話では腎臓のアレとは関係ないみたい。

原因が何なのか詳しく調べるためにその日から

また入院することになりました。

食欲が全くなかったのでしばらく点滴を打ち

そして猫膵特異的リパーゼ検査を受けました。

結果は正常!!!

すい臓関係ではないことが分かりました。

この時は病院のお休みのからみもあり5日間

入院しましたが最後の血液検査も異常なしでした。

BUN(尿素窒素)10.3 :正常値17.6~32.8

CRE(クレアチニン0.7 :正常値0.8~1.8

 

結局、なぜBUNとCREが上昇したのかという

原因は分からずに終わってしまいました。

先生:「なんだったんでしょうかね~」

私:「ですね・・・」

スッキリしない結果に終わりましたが

あの時が嘘のように今は元気に暮らしています。

なので良しとします!!!笑

 

☆子猫ちゃんのBUN、CREの数値が高くて

落ち込んでいる飼い主さんへ。

「こんな事例もありますよ!」

とお伝えしたくてこの記事を書きました。

希望を持って頑張って下さいね!!!

 

この病気にかかった費用や療法食フードの事は

過去の記事に書いてます。気になる方はどうぞ↓ 

cafemio.hatenablog.com

 

ランキングに参加しています。
↓ポチッと応援して頂けると励みになります♪